大阪府、水素ショーケース推進事業補助金の公募を開始

発表日:2017.09.20

大阪府は、大阪府水素ショーケース推進事業補助金を新設し、申請受付を平成29年9月21日から開始すると発表した。同府では、水素・燃料電池に関する取組の方向性を示した「H2Osaka(エイチツーオオサカ)ビジョン」のもと、水素の需要拡大につながる産業用車両等への水素エネルギーの導入促進など、水素社会の実現に向けた取組を推進している。今回の補助金は、府内中小企業が、水素エネルギーを動力源とする燃料電池フォークリフト(FCFL)を導入する際に、その経費の一部を助成するもの。対象となるのは、一般販売されている新車のFCFLを大阪府内に導入する事業で、環境省補助金の交付決定を受けた者。FCFLの導入経費と当該車両に対応する一般的なエンジン式フォークリフトの導入経費との「差額」の1/4(上限250万円)が補助されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS