NEDOと日本気象協会、ドローンによる気象観測の実証試験等を福島県で実施

発表日:2017.10.18

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と(一財)日本気象協会は、1)ドローン向け気象情報提供のデータ連携の実証試験と、2)ドローンによる気象観測の実証試験を、2017年10月24日から26日の3日間、福島県南相馬市の福島浜通りロボット実証区域で実施すると発表した。日本気象協会では、ドローン運航管理システム向けの総合気象情報提供機能の研究開発に取り組んでいる。今回の実証試験では、1)ドローン離発着場での地上気象観測とドップラーライダーによる上空の風観測を行い、その観測データと実証エリア付近の気象予測をドローン運航者とドローン航空管制事業者へ試験提供を行う。また、2)気象センサーを搭載したドローンを飛行させ、高度50m、100m、140mの気象観測を行い、その結果をドップラーライダーの観測との比較により精度検証を行う。今後、これらの実証試験で得られた知見をもとに、ドローン向け総合気象情報提供機能の開発を進め、ドローンの利活用拡大と安全で効率的なドローン運航の実現を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS