NEDO、有機系太陽電池の実証試験を開始

発表日:2013.07.16

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、有機系太陽電池の実証試験を開始すると発表した。有機系太陽電池は、大幅な低コスト化が期待されるだけでなく、少ない光でも発電する等、従来の太陽電池に比べ様々な利点があることから、国内外で開発競争が行われており、早期実用化を目指し、実使用環境下における課題の解決を急ぐ必要がある。そのため、NEDOでは、有機系太陽電池を使用した太陽光発電システムを設計・試作し、実証システムとしての最適化を図った上で、実使用環境下での発電量や耐久性等を実証・評価している。今回、有機系太陽電池の早期実用化を目的に、日本各地で様々な実証試験を年度内に開始する予定。1)色素増感太陽電池を用いた「デザインソーラーランタン」を京都市内に設置、発電量や耐久性を検証、2)有機薄膜太陽電池を用いた「発電するサンシェード」を仙台市科学館に設置、太陽光発電と日射熱のカットによる省エネ効果を検証。

情報源 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) プレスリリース
仙台市 記者発表資料
島根県産業技術センター お知らせ
日本写真印刷(株) ニュース
機関 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 仙台市 島根県産業技術センター 日本写真印刷(株)
分野 地球環境
キーワード 太陽光発電 | 発電効率 | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 太陽電池 | 薄膜 | 実証試験 | 色素増感 | 実用化 | 有機系
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS