NEDOとアクトリー、追尾集光型太陽エネルギー回収システムを開発

発表日:2017.09.13

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と(株)アクトリーは、集光した太陽エネルギーの65%を電気と熱に変換できる追尾集光型太陽エネルギー回収システムを開発した。同システムは、太陽光による発電と60℃以上の高温水を用いた太陽熱の熱回収を同時に行う架台設置型のハイブリッドシステム。追尾集光型は、GPS(衛星利用測位システム)を搭載したパラボラ型の反射鏡が太陽の方向に向きを変える仕組みになっている。今回、アクトリー本社敷地内に8ユニット(約13kW規模)を設置し、システムの性能や実用性(耐久性・耐候性)、遠隔制御によるシステム保守運用の有効性の確認を行うことを目的に、2017年9月より本格的に実証試験を開始する。今後は、同様のシステムを栃木県と宮城県に設置して、気候の違いによる性能効果についても比較し、これらの一連の実証試験の結果をもとに、商品設計を行い、2018年度の事業化を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS