NEDOなど、掛川市で高効率熱電ハイブリッド太陽電池モジュールの実証試験を開始

発表日:2016.11.24

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、日清紡メカトロニクス(株)が、高効率熱電ハイブリッド太陽電池モジュールの実証試験を、静岡県掛川市内(大東温泉シートピア)で開始したと発表した。NEDOは、「太陽光発電多用途化実証プロジェクト」において、太陽エネルギーの高効率変換手段として、発電と同時に太陽熱利用による温水を製造する機能を併せ持つ太陽光発電システムの開発を進めてきた。今回日清紡メカトロニクスが開発したモジュールは、発電効率と集熱効率の総和が78.0%(発電効率15.5%、集熱効率62.5%)の性能を発揮するハイブリッドモジュール。試験システムは、1)水道水を112枚のモジュールに通水し、昇温させて既設温水設備に供給するラインと、2)温泉水を28枚のモジュールに通水・昇温させ、40℃以上の温泉水として足湯施設に供給するラインで構成されている。実証試験は2017年2月まで行い、性能および信頼性の検証を進め、実用化を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS