環境省、2030アジェンダ達成に向けたG7協調行動ワークショップ(第2回)の結果を公表

発表日:2018.03.29

日本国環境省と欧州委員会(EC)は、平成30年3月22日~23日にベルギー・ブリュッセルにおいて、2030アジェンダ達成に向けた「G7協調行動ワークショップ(第2回)」を開催した。2016年5月に開催されたG7富山環境大臣会合では、G7各国はSDGsの環境側面の実施に向けて協調して行動していくこと(G7協調行動)について合意した。今回のワークショップは、G7各国政府、国際機関、企業、NGO等の幅広いステークホルダーが参加し、プラスチック管理や海洋ごみ問題というテーマのもと、SDGsのゴール12「持続可能な消費と生産」やゴール13「気候変動への対処」、ゴール14「海洋と海洋資源の保全・持続可能な利用」等の達成に向けた効果的なアプローチについて、取組事例や知見の共有を行った。また、G7各国政府を始めとする関係のステークホルダー間での連携や今後の協調行動の方向性について活発な議論が行われた。

新着情報メール配信サービス
RSS