環境省、省CO2型リサイクル等高度化設備導入促進事業(平成30年度)の公募を開始

発表日:2018.05.08

環境省は、平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(省CO2型リサイクル等高度化設備導入促進事業)の公募を開始すると発表した(募集期間:平成30年5月8日~7月6日)。同事業は、CO2型リサイクル高度化設備を導入することによって、使用済製品等のリサイクルプロセス全体のエネルギー起源二酸化炭素の排出抑制及び資源循環を同時に推進することを目的とするもの。太陽光パネルリサイクル設備導入事業、非鉄金属高度破砕・選別設備導入事業、プラスチックリサイクル高度化設備緊急導入事業、3R技術・システムの低炭素化促進検討・実証事業などのいすれかに該当する事業を対象としており、補助率は設備導入費用の1/2(上限)。募集内容の詳細は、同事業の執行団体である(公財)廃棄物・3R研究財団のホームページに掲載されている。

情報源 環境省 報道発表
機関 環境省
分野 ごみ・リサイクル
キーワード リサイクル | 環境省 | 二酸化炭素 | エネルギー | 太陽光パネル | 低炭素化 | 省CO2 | 非鉄金属破砕 | 選別設備 | プラスチックリサイクル
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS