環境省、群馬県前橋市におけるアカカミアリへの対応状況を発表

発表日:2018.07.05

環境省は、群馬県前橋市において特定外来生物のアカカミアリ(Solenopsis geminata)が確認され、防除や発見場所周辺等の調査を実施したと発表した。平成30年7月2日、同市内の倉庫に搬入されたコンテナの貨物容器(外部)に付着した10数個体のアリが発見された。翌7月3日、事業者は関東地方環境事務所しつつ、発見地点周辺および倉庫内で殺虫処理を実施。一方、関東地方環境事務所から連絡を受けた群馬県と前橋市は、7月3日~5日にかけて発見地点周辺の調査を実施したが、疑わしいアリが発見されなかった。その間、7月4日に専門家による種の同定の結果、アカカミアリであることが判明した。当該コンテナは平成30年6月8日にスリランカのコロンボ港を出港した船舶に積み込まれ、台湾の高雄港で別の船舶に積み替えられ、6月23日に東京港の青島コンテナふ頭に陸揚げされたものであるため、東京都はコンテナが一時的に留め置かれた地点周辺を調査したが、同地点でも疑わしいアリは発見されなかったという。

新着情報メール配信サービス
RSS