国交省、ドローンによるインフラ点検・診断技術に関するセミナー(第2回)を開催

発表日:2018.08.27

国土交通省は、ドローンによるインフラ点検・診断技術に関するセミナー(ドローン×インフラメンテナンス連続セミナー)の開催概要を紹介した。平成24年の社会資本整備審議会等における検討を契機として、平成27年に社会資本の維持管理・更新や、老朽化対策・長寿命化に関する産官学民プラットフォームが提言され、平成28年11月に「インフラメンテナンス国民会議」が設立された。この組織は、「インフラメンテナンス」に係る革新的技術の発掘と社会実装などを目的としており、平成30年度の取組のひとつとして、小型無人航空機(ドローン)の活用に向けた連続セミナー(全4回)を企画した。セミナーは、ドローンによるインフラ点検・診断技術に関する情報交換の場づくりを目指したもので、行政担当者や民間技術者等を対象としている。第2回のテーマは「マッチングに向けた自治体の取組・課題共有、会員企業の製品・サービス紹介」で、平成30年9月14日に東京都下で開催される(参加費:2,000円)。

新着情報メール配信サービス
RSS