神奈川県、県民参加の「かながわ生きもの調査」を紹介

発表日:2019.02.21

神奈川県は、県民参加の「かながわ生きもの調査」の概要を紹介した。同県では、「かながわ生物多様性計画」に基づき、県民の生物多様性への理解と保全活動の促進に努めている。この調査は、県民が楽しみながら自然の大切さや生物多様性の重要性を認識し、同県に生息する里山のいきものや外来種について知ることを目的としたもの。調査期間は、2019年3月1日から2021年3月31日。調査方法は、環境省が運営する「いきものログ」を利用し、1)参加者は、「いきものログ」にユーザ登録後、2)県内の身近な自然の中で、県が選定した生きものを観察し、3)スマートフォンなどから発見情報を県に報告する。参加者が報告した情報は、同ホームページの地図上に表示され、誰でも見ることができるという。

新着情報メール配信サービス
RSS