三菱重工業(株)、リチウムイオン電池を搭載した世界初のエンジン式ハイブリッドフォークリフトを発売

発表日:2009.10.05

三菱重工業(株)は、エンジン式で世界初となるディーゼルエンジン式ハイブリッドフォークリフト(荷役性能4.0~5.0トン)を開発し、2009年10月5日から国内向けに販売を開始したと発表した。今回開発したハイブリッドシステムは、同社独自のリチウムイオン電池と高効率モーター、新排ガス規制をクリアしたクリーンな小型ディーゼルエンジンを組み合わせることにより、優れた環境・燃費性能を実現したのが特長。燃費削減率は従来比39%に達しており、排気量も従来比3分の2に抑制してCO2削減にも貢献するという。環境負荷低減のニーズが高まるなか、国内フォークリフト市場ではバッテリー車の比率が過半数を占めている。しかし、荷役性能4.0トン超の重量クラスでは、まだエンジン車の比率が圧倒的に高い。今回の新モデルは、これらの市場動向を踏まえたもので、信頼性と経済性を満足させつつ、大幅な省エネとCO2削減を可能にした。

新着情報メール配信サービス
RSS