環境省、JCM設備補助プロジェクト(カンボジア)1件を発表

発表日:2020.02.28

環境省は、「二国間クレジット制度(JCM)設備補助事業」で支援している案件のうち、カンボジアのプロジェクトに係るクレジット発行が決定したと発表した。令和2年2月21日、日本とカンボジアのJCM合同委員会において、「インターナショナルスクールへの超軽量太陽光発電システムの導入」、1件のクレジット発行が決まった。今回のクレジット発行量は合計181トンで、日本政府は92トンを獲得した。これらのプロジェクトにより、想定GHG排出削減量は104tCO2/年が見込まれるという。

新着情報メール配信サービス
RSS