東京都、建設リサイクル法に関する一斉パトロールを追加実施

発表日:2020.03.24

東京都は、区市と共に建築物解体現場等における建設副産物のリサイクル等を適正に進めるため実施した、パトロールの追加実施結果を公表した。今回、令和2年1月1日から1月31日の間に、区および多摩の10市で実施した。実施内容は、1)建設リサイクル法第10条の届出が必要となる工事に対する抜き打ち現場調査、2)分別解体や再資源化等の状況確認、また必要に応じて関係者への指導等、3)石綿含有建材の分別状況やフロン回収処理状況等の確認、4)一部の現場では、建設部局と環境部局が合同パトロールを行った。実施結果は、1)パトロール件数:523件、2)法に基づく助言:25件、3)法に基づかない指導等(軽微な事項や他法令違反の場合等):230件、3)石綿の飛散防止対策に関する指導:48件を実施した。都では、引き続き適正な処理が行われるよう、周知等を実施するという。

新着情報メール配信サービス
RSS