環境省、第51回全国ガンカモ一斉調査の結果を公表

発表日:2020.04.27

環境省は、ガンカモ類の生息調査(通称:全国ガンカモ一斉調査)の結果を公表した。同調査は、日本におけるガンカモ類の冬期生息状況の把握を目的として、同省が昭和45年から都道府県の協力を得て実施しているもの。第51回調査は、令和2年1月12日を中心に、令和元年度とほぼ同数の全国約9,000地点において、約3,600人のボランティア等の協力を得て、双眼鏡等を使用した目視により実施された。全国約6,600地点で、ハクチョウ類約6万5,100羽(4種)、ガン類約30万8,000羽(7種)、カモ類約164万900羽(30種)が観察された。10年前の観察数と比べ、ハクチョウ類は約4.4%減少、ガン類は約78%増加、カモ類は約5%減少し、総数では、約2.3%の増加となった。同調査の暫定値は、環境省生物多様性センターのウェブサイトから閲覧できる。また、今後実施予定のデータ精査(専門家によるチェックなど)の結果を踏まえて、確定値を取りまとめは12月頃を予定しているという。

新着情報メール配信サービス
RSS