旭化成など、ファスナー付食品保存袋アップサイクル傘のシェアを開始

発表日:2020.07.29

旭化成の100%子会社である旭化成ホームプロダクツ(株)は、広くリサイクル事業を手掛けるテラサイクルジャパン合同会社など3社と、ファスナー付きプラスチック・バッグ(食品保存袋)を回収・リサイクルした傘のシェアリングサービスを展開するプロジェクトを開始する。2018年に、旭化成ホームプロダクツは、(株)ビームスのアップサイクルを理念とするレーベルとのコラボレーションにより、同社の食品保存袋を素材としたビニール傘を販売していた。今回、傘のシェアリングサービスを展開するベンチャー企業(株)Nature Innovation Groupやテラサイクルが参画し、4社により回収・リサイクルおよびシェアリングサービスの運用までを行うプロジェクトを開始する。先ず、2020年7月29日よりテラサイクルが食品保存袋の回収を行う。9月上旬からは生産過程で出る廃棄品をリサイクルした傘を用いて、シェアリングサービスを先行的に行い(於:西武鉄道池袋線池袋駅~飯能駅)、全国主要都市での展開を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS