環境省、令和2年度脱炭素・資源循環「まち・暮らし創生」FS委託業務(第2回)を公募

発表日:2020.09.08

環境省は、令和2年度脱炭素・資源循環「まち・暮らし創生」FS委託業務(第2回)を公募すると発表した(公募期間:令和2年9月8日~10月2日17時必着)。同業務は、福島の「復興」と「脱炭素化」の両立に向けた取組を推進するため、環境再生業務と連携しつつ脱炭素、資源循環、自然共生の視点を最大限ビルトインした地域復興の絵姿(「復興×脱炭素まちづくり」計画)を描くことを目的としたもの。今回、これらの取組の一つである脱炭素に着目し、復興に携わる人・まちの視点から、再生可能エネルギーの導入等に係る多様なプロジェクトを発掘するための調査を公募する。採択業務は同年10月下旬頃に決定され、業務実施期間は令和3年3月26日までの単年度となっている。同省では、同業務1件あたり2千5百万円を上限として委託することとし、外部有識者からなる審査委員会を経て2件程度の採択を想定しているという。

新着情報メール配信サービス
RSS