環境省、令和2年度脱炭素・資源循環「まち・暮らし創生」FS委託業務(第2回)」の採択案件を発表

発表日:2020.11.24

環境省は、令和2年度脱炭素・資源循環「まち・暮らし創生」FS委託業務(第2回)の採択案件を発表した。同業務は、福島の「復興」と「脱炭素化」の両立に向けた取組を推進するため、環境再生業務と連携しつつ脱炭素、資源循環、自然共生の視点を最大限ビルトインした地域復興の絵姿(「復興×脱炭素まちづくり」計画)を描くことを目的とするもの。令和2年9月8日~10月2日までの間に応募のあった3件について、外部専門家からなる審査委員会における審査を行い、1)IPイノベーション(株)による「IPイノベーション株式会社」、2)(大)福島大学による「飯舘村における地中熱・蓄熱・VPPによるスマート農業FS調査」の2件を採択したという。

新着情報メール配信サービス
RSS