アサヒ飲料、持続可能な容器包装の実現に向けた目標とPETボトルの資源循環に向けた施策を紹介

発表日:2020.09.09

アサヒ飲料(株)は、PETボトルをPETボトルとして再生(ボトルtoボトル)する施策において、ケミカルリサイクルPET樹脂を外部調達すると発表した。同社は、持続可能な容器包装の実現に向けて、2030年までにプラスチック製容器包装(PETボトル、ラベル、キャップ、プラスチックボトル)の全重量の60%に、リサイクルPET、植物由来の環境配慮素材などを使用する目標を掲げている。今回、使用済みPETボトルを「水平性(ボトルtoボトル)」+「永続性(何度も何度も)」をもって再生利用する仕組みを導入することで、目標の早期達成を目指していく。既に商業生産しているメカニカルリサイクル(物理的再生法)と両輪をなす、ケミカルリサイクル(化学的再生法)の導入に向けた取組を始動するために、ボトルtoボトルの再生事業者である日本環境設計(株)に対する融資により、その子会社で、ケミカルリサイクルの特許を有するペットリファインテクノロジー(株)の工場再稼働を支援し、リサイクルPETの資源循環に貢献するという。

情報源 アサヒ飲料(株) ニュースリリース
日本環境設計(株) NEWS
機関 アサヒ飲料(株)  日本環境設計(株) ペットリファインテクノロジー(株)
分野 ごみ・リサイクル
キーワード ペットボトル | ケミカルリサイクル | PET | 日本環境設計 | 資源循環 | アサヒ飲料 | メカニカルリサイクル | ボトルtoボトル | ケミカルリサイクルPET樹脂 | ペットリファインテクノロジー
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS