環境省、「海洋プラスチックごみのモニタリング手法調和とデータ整備に関するG20ワークショップ」の結果を公表

発表日:2020.09.15

環境省は、令和2年9月7日にウェブ開催された、「海洋プラスチックごみのモニタリング手法調和とデータ整備に関するG20ワークショップ」の結果を公表した。同ワークショップは、海洋プラスチックごみに関するモニタリング手法の調和とデータの世界的な共有について、その必要性と推進方法を議論するために開催されたもの。出席者は、G20各国、「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」共有国・地域、国際機関、研究者等、31か国から約160名が出席した。ワークショップでは、海洋プラスチックごみに関するモニタリング手法の調和(比較可能にすること)とデータの世界的な共有の重要性と推進方法について議論された。また、日本から新たな世界的モニタリングデータ共有システムを提案がされた。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 ごみ・リサイクル
キーワード 環境省 | ワークショップ | 海洋プラスチックごみ | 大阪ブルー・オーシャン・ビジョン | モニタリング手法 | 海洋プラスチックごみのモニタリング手法調和とデータ整備に関するG20ワークショップ | 世界的モニタリングデータ共有システム
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS