出光興産とタジマモーター、超小型モビリティを核とする事業開発会社を立上げ

発表日:2021.02.16

出光興産(株)と(株)タジマモーターコーポレーションは、素材開発や⾞両設計の技術を融合し、新たな「超小型モビリティ」の開発などを推進する新会社を設立した。両社は、公共交通機関が脆弱な地⽅部に着⽬し、2年間にわたり、超小型モビリティの需要や要求スペックを把握するための実証実験を行ってきた。今回、タジマモーターコーポレーションの関連会社である(株)タジマEVに出光興産が出資し、商号を変更した「(株)出光タジマEV」を2021年4月1日に設立することが決まった。当面は、「道路運送車両法施行規則」の改正(2020年9月)によって規定された「新カテゴリー」該当車両(主要諸元:2,495×1,295×1,765 mm、4人乗り、最高速度60 km/h以下、充電8時間・100 V)の開発に取り組み、2021 年 10 ⽉に発表、2022 年の上市を目指す。車両の開発・販売のみならず、⾞載ソーラー、次世代バッテリー、⾃動運転技術、グリーンスローモビリティの開発にも取り組み、SSステーションを起点とする多面的なサービスの展開なども推進するという。

新着情報メール配信サービス
RSS