農水省、食と農のつながりに着目した新たな国民運動を展開

発表日:2021.07.20

農林水産省は、「食料・農業・農村基本計画」に基づき、食と農のつながりの深化に着目した新たな国民運動「食から日本を考える。ニッポンフードシフト」を開始すると発表した。「食」に関する課題は、食料自給率・環境との調和・新しい生活様式・健康への配慮・食育・サプライチェーンの状況など多岐にわたっている。同省が提唱する「ニッポンフードシフト」とは、食の外部化・簡便化が進む一方、食と農との距離が遠くなり、農業や農村に対する国民の意識・関心が薄れるなか、これからの「食」はどうあるべきか、この時代にふさわしい日本の「食」のあり方を考える機会として、時代の変化に対応し、日本各地の食を支えてきた農林漁業者・食品事業者の努力や創意工夫について消費者の理解を深め、行動する新しい国民運動であるという。今後、様々なメディアやシンポジウム等を通じて、全国各地の農林漁業者等の取組、地域の食や農山漁村の魅力などを伝えることにより、国産の農林水産物や有機農産物の積極的な選択に向けた行動変容に繋がることを目指し、生産者団体や食品関連事業者等と連携した官民協働による取組を推進してくとしており、同省では様々な情報発信の起点となる公式ウェブサイトを開設した。

新着情報メール配信サービス
RSS