都市緑化機構、都市緑化に関する調査研究活動(令和3年度)の採択結果を発表

発表日:2021.07.30

都市緑化機構は、都市緑化に関する調査研究活動の令和3年度の助成対象者を決定した。同機構では、緑による都市環境の改善に資する調査研究のため支援を希望する者に対し、当該調査研究活動に係る費用を助成している。この取組は、同機構の会員のみならず都市緑化の研究に携わる学生・研究者および実務者に対し、研究の機会を広げ、研究の内容を高めるため、調査研究活動等に必要な費用の一部を助成するもの。同機構内に設置した選考委員会で調査研究課題の都市緑化技術としての適確性・独自性・内容・方法の適切さ・成果の有効性等を評価して決定した。令和3年度の助成対象となった研究テーマは、「高経年住宅団地の屋外空間を活用したエディブル・ランドスケープの形成と居住者のwell-beingの向上に関する実践研究(千葉大学)」、「京都市の生産緑地における生態系サービスの評価と定量化(京都大学)」、「プランターを用いた屋上緑化における導入植物の植被率ならびに成長に影響する環境要因の推定(香川大学)、「水都における生態系インフラが地域住民の健康に与える価値評価(徳島大学)」、「芝生地のグリーンインフラ効果に関する研究-雨水管理に着目した数量的評価(筑波大学)」の5件であるという。

新着情報メール配信サービス
RSS