環境省、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)プレ・コンファレンスの開催結果を公表

発表日:2010.03.24

環境省は、平成22年3月21日(日)~22日(月)に、愛知県名古屋市において開催された「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)プレ・コンファレンス 新しい生物多様性目標を考える~生物多様性と生態系サービスの保全にむけて~」の結果を公表した。同会議では、COP10において討議される生物多様性条約の新しい生物多様性目標、いわゆる「ポスト2010年目標」に関するさまざまな論点について議論が行われ、また、「科学と政策の対話」と題し、科学と政策の連携強化について田島環境副大臣と科学者との意見交換が行われた。さらに、地球規模の生物多様性観測の推進等についても議論が行われた。同会議の成果については、今後、最終的な報告書として取りまとめを行い、条約の科学技術助言補助機関会合(SBSTTA)をはじめCOP10にむけた関連会合等における国際的議論の進捗に活用していく予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS