経済産業省、「次世代エネルギー・社会システム実証地域」の選定結果を公表

発表日:2010.04.08

経済産業省は、「次世代エネルギー・社会システム実証地域」の選定結果を公表した。「次世代エネルギー・社会システム実証」は、「グリーン・イノベーションによる環境・エネルギー大国戦略」における日本型スマートグリッドの構築と海外展開を実現するための取組みとして位置づけられる事業。実証事項として、大幅な省エネ目標やCO2削減目標、大規模な再生可能エネルギーの導入などが求められている。今回、エネルギーマネジメントシステムの実証を中心に、交通やライフスタイルの変革を含めた各種実証事項の提案募集を行い、「次世代エネルギー・社会システム協議会」に所属する有識者からの意見聴取等も踏まえて審査した結果、1)神奈川県横浜市、2)愛知県豊田市、3)京都府けいはんな学研都市、4)福岡県北九州市、を実証地域に選定した。今後、提案書に基づき、同協議会での議論等を踏まえつつ、マスタープランを策定していく予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS