気象庁、2010年4月までの日本の大気中二酸化炭素濃度を公表

発表日:2010.05.12

気象庁は、2010年4月までの日本の大気中二酸化炭素濃度を公表した。同庁では、国内3地点(岩手県大船渡市綾里、東京都小笠原村南鳥島、沖縄県八重山郡与那国島)で、大気中の二酸化炭素濃度の観測を実施している。これらの観測の結果、2009年の年平均値(速報値)は3地点でそれぞれ389.7ppm、388.0ppm、389.4ppmとこれまでで過去最高となった。この10年間では3地点の平均で1.9ppm/年の割合で増加を続けており、国内で最初に長期連続観測を開始した綾里においては、観測開始時(1987年)より、38.5ppm濃度が増加しているという。また、年間で最も二酸化炭素濃度の高くなる春季において、今年4月の観測値(速報値)は、それぞれ396.8ppm(綾里)、393.3ppm(南鳥島)、396.2ppm(与那国島)と、すべての観測点で観測開始以来の月平均値の最高値を記録したという。

新着情報メール配信サービス
RSS