(独)国立環境研究所、研究情報誌「環境儀」第37号「科学の目で見る生物多様性−空の目とミクロの目」を刊行

発表日:2010.08.10

(独)国立環境研究所は、同研究所の研究成果を分かりやすく伝える研究情報誌「環境儀」第37号「科学の目で見る生物多様性−空の目とミクロの目」を刊行した。現在、地球上では、多くの生き物や生態系が存続の危機に瀕しており、日本を含めた多くの国々が、生物多様性を守るために条約を締結し、その保全に取り組んでいる。そして「国際生物多様性年」である今年(2010年)は、10月に名古屋市で「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」が開催され、生物多様性の重要性、環境への配慮に関する意識がさらに高まると期待されている。こうした中、今号では、生物多様性の保全にかかわる同研究所の様々な研究成果を紹介。「ミクロの目でせまる藻類の多様性の世界」として、大型船舶による海洋生物の越境移動の研究を紹介するほか、「マクロの目でせまる湿地生態系の空間的な構造の把握」として、空からの撮影(リモートセンシング)による湿原の草丈構造の推定手法等を紹介している。

新着情報メール配信サービス
RSS