経済産業省、「水素利用社会システム構築実証事業」における水素タウンプロジェクトの運用を開始

発表日:2011.01.13

経済産業省は、「水素利用社会システム構築実証事業」における「水素タウンプロジェクト」の運用を、平成23年1月15日より福岡県北九州市内で開始すると発表した。同プロジェクトでは、事業者である水素供給・利用技術研究組合(HySUT)が、新日本製鐵(株)で製造された水素を用いる「北九州水素ステーション」から、近隣の集合住宅・戸建住宅や商業施設、公共施設までパイプラインを敷設し、家庭用・業務用の純水素型燃料電池の運転実証を行う。また、パイプラインによる水素供給の事業化の観点から必要となる「安定供給」、「安全性確保」、「適切な課金方法」の見通しを得るため、水素を安全に利用するための付臭・脱臭技術、課金に必要となる水素ガス計量システム、純水素型燃料電池の運用性等について検証を行う。なお、一般家庭、商業施設、公共施設といったコミュニティレベルでの実証は世界初となる。同省は、同実証事業により将来の水素社会におけるビジネスモデルの検証を行い、社会システムモデルとして提示することで、低炭素社会の実現に向けて必要な取組を進めていくという。

情報源 経済産業省 報道発表資料
水素供給・利用技術研究組合(HySUT) プレスリリース(PDF)
機関 経済産業省 水素供給・利用技術研究組合(HySUT)(現:(一社)水素供給利用技術協会)
分野 地球環境
キーワード 燃料電池 | 経済産業省 | 住宅 | 新日本製鐵 | 水素ステーション | パイプライン | 水素タウン | 商業施設 | HySUT | 水素供給・利用技術研究組合
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS