大阪市、環境・エネルギー関連技術の実用性検証支援事業補助金の二次募集を開始

発表日:2011.09.20

大阪市は、環境・エネルギー関連技術の実用性検証支援事業補助金の二次募集を開始した(募集期間:平成23年9月20日(火)~10月20日(木)17時必着)。同市では、市の経済成長及び低炭素社会の実現に寄与することを目的に、大学の保有する環境・エネルギー関連技術をもとにした、産学連携による研究開発事業に対する補助制度を実施している。補助対象となるのは、大阪市内に事業所のある企業と連携する大学で、産学連携を推進する組織を有するもの。また、実証データの取得や試作品の製作等、関連技術の実用性を検証する事業であることが要件となる。環境・エネルギー関連技術は、以下の分野を対象とする。1)再生可能エネルギー分野(太陽電池等)、2)蓄エネルギー分野(リチウムイオン電池、次世代電池等)、3)高効率省エネルギー分野(LED、スマートコミュニティ等)、4)1)から3)の要素技術及び周辺技術。

新着情報メール配信サービス
RSS