静岡県、平成21年度の温室効果ガス排出状況を公表

発表日:2011.12.22

静岡県は、平成21年度の県内の温室効果ガス排出状況を公表した。同県では、地球温暖化対策の推進状況を把握するため、県内の温室効果ガス排出量を推計している。今回の公表によると、平成21年度の静岡県内の温室効果ガス排出量(確定値)は、2,948万2千t-CO2で、京都議定書の基準年度(平成2年度)比14.3%の減少、前年度(平成20年度)比6.6%の減少となった。なお、森林吸収量を含めると、基準年度比17.0%の減少、前年度比7.0%の減少となる。同県では、前年度に比べて排出量が減少した要因として、平成20年度後半の急激な景気後退に伴い、平成21年度も産業部門を中心にエネルギー需要が減少したことなどを挙げている。また、温室効果ガスのうち二酸化炭素の排出量について、平成21年度(確定値)は、2,853万t-CO2で、基準年度比6.0%の減少、前年度比6.7%の減少、平成22年度(速報値)は、2,944万6千t-CO2で、基準年度比3.0%の減少、前年度比3.2%の増加となった。

新着情報メール配信サービス
RSS