NEDO、ミャンマーで再生可能エネルギー・省エネルギー等の導入に向けた協力へ

発表日:2012.01.16

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ミャンマー政府と再生可能エネルギー等の包括的な協力に関して合意したと発表した。ミャンマーの電力消費量は、過去20年で約3倍に増加、今後2030年までにさらに約3倍に増加すると予測されていることから、同国政府では、再生可能エネルギーの導入や効率的なエネルギー利用に関するガイドラインを制定し、2020年までに総電力の15%~20%を再生可能エネルギーでまかなう計画としている。今回の合意により、両者は、1)ミャンマーにおける再生可能エネルギー技術の導入等に向けたアクションプラン策定のための協力、2)再生可能エネルギー等による自立電源システム導入の支援、3)再生可能エネルギー技術、省エネルギー技術、環境技術に関するセミナーの開催、について共同で検討することとなった。NEDOでは、今後のエネルギー需要の拡大が見込まれるミャンマーにおいて、エネルギー・環境分野で積極的に協力すると共に、グローバルな問題の解決に貢献していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS