NEDO、ラオスで施工しやすく省エネ性に優れたコンテナ型データセンターの実証を開始

発表日:2016.11.30

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ラオス・ビエンチャンに外観がコンテナ型の省エネ型データセンター(サーバやネットワーク機器などを設置した建物)を設置し、実証運転を開始したと発表した。NEDOは、2016年1月26日、ラオス人民民主共和国科学技術省(MOST)と二国間クレジット制度(JCM)を活用する省エネルギー型データセンター実証事業のMOU(基本協定書)に署名し、日本の有する高品質・高効率なコンテナ型データセンター技術の導入を進めてきた。今回設置したコンテナ型データセンターは、従来型であるビル型データセンターに比べて3分の1程度の工期で設置ができる。また、間接外気冷却方式コンテナ、高温に対応したサーバを採用しており、従来と比べて40%の電力消費削減を達成することを目指す。2018年2月までの約1年間、同国の環境に適した運用を実施し、JCMを活用して温室効果ガス排出削減効果を検証するという。

新着情報メール配信サービス
RSS