環境省、「今後の自動車排出ガス低減対策のあり方について」(第十一次答申)を公表

発表日:2012.08.10

環境省は、中央環境審議会大気環境部会が答申した「今後の自動車排出ガス低減対策のあり方について」(第十一次答申)を公表した。同答申では、1)二輪車の排出ガス低減対策:排気管排出ガス許容限度目標値を現行規制より3~6割低減するとともに、排出ガス試験サイクルを世界統一試験サイクルWMTCに変更するなど、2)ディーゼル重量車の排出ガス低減対策:定期的な触媒の昇温等による炭化水素(HC)被毒対策を実施し、性能低下の更なる原因究明とその対策の検討を行うなど、3)ディーゼル特殊自動車の排出ガス低減対策:使用過程での黒煙測定方法を従来の黒煙汚染測定器からオバシメーターに変更するなど、としている。同省では今後、今回の答申を踏まえ、規制強化のための所要の手続き等を進めるという。

新着情報メール配信サービス
RSS