トヨタ自動車(株)、新型EVや新型HVの投入など今後の展開計画を公表

発表日:2012.09.24

トヨタ自動車(株)は、環境技術開発の最新の取り組みと今後の展開計画を公表した。同社では、燃費向上・エミッション低減に向けた「省エネルギー」、電気や水素をはじめとした代替エネルギーの利用促進による「燃料の多様化」を基本方針として環境技術開発を進めている。今回、最新の開発状況と2015年までの展開計画を公表した。これによると、2015年末までに新型ハイブリッド車(HV)を21モデル投入する予定。また、電気自動車(EV)の新型車を開発し、世界最高の電費104Wh/kmを実現、一充電走行距離100km、最高速度125km/hを達成した。さらに、セダンタイプの燃料電池自動車(FCV)では、世界最高の3kW/lの出力密度を達成し、燃料電池セルは現行モデルと比べ約1/2にコンパクト化した。同社では今後も、従来型エンジン車の一層の燃費向上を図るとともに、エコカーのさらなる高性能化やコスト低減、商品ラインアップの充実に取り組んでいくという。

新着情報メール配信サービス
RSS