イギリス、サイやトラ等の絶滅危惧種の保護を国民に呼びかけるキャンペーンを開始

発表日:2013.03.04

イギリス環境・食糧・農村地域省(Defra)、及び野生動物保護団体、動物園等は共同で、象徴的な絶滅危惧種4種(サイ、トラ、オランウータン、ゾウ)の保護を国民に呼びかけるキャンペーンを今後一年間にわたり展開する。現在、野生のサイは、平均すると11時間に1頭の割合で密猟されており、その個体数はわずか2万8000頭と推定されている。最近の世論調査によると、イギリス国民の54%はこれらの動物が30年後には絶滅すると予想しているという。今回のキャンペーンでは、これら4種の現状について国民の認識を高めるとともに、絶滅から救うための具体的な行動として、1)絶滅危惧種の骨や角などを利用した製品は購入前によく考える、2)製品の由来や持続可能な生産方法によるものかを確認、3)野生動物保全活動への参加・支援、4)野生動物製品の売買に関わる不審行為は地元警察に通報、等を促す。Defraは、現在開催中のワシントン条約(CITES)締約国会議でも、象牙の販売禁止の継続や、サイの角の輸出・再輸出に対する措置強化を求めている。

新着情報メール配信サービス
RSS