アメリカエネルギー省、「エネルギーのためのアプリケーションⅡ」コンテストを開始

発表日:2014.01.16

アメリカエネルギー省(DOE)は、「アメリカン・エネルギーデータ・チャレンジ」の2つ目のコンテストとして「エネルギーのためのアプリケーションⅡ」コンテストを開始した。この「チャレンジ」は、DOEが公表しているデータや、自分のエネルギーの使用状況を確認できる「グリーンボタン」のデータなど、公開されているオープンデータを一般の人々が活用できるような新たな方法を模索するための取り組みで、2013年11月より1年間にわたって4回のコンテストを行う。今回のコンテストは、1つ目のコンテスト期間中に練り上げたアイデアとオープンデータを活用し、一般の人々が利用可能な新たなアプリケーションの開発を求めている。提出期限は2014年3月9日で、受賞者は3月下旬に発表される。DOEはコンテストの一環として、「ハッカソン」を開催する予定だという。これは、参加者が意見を出し合い、協力してアプリの開発を行う場を創出するもので、ワシントン、サンディエゴ、バレーフォージ、ボストンの4都市で実施される。

新着情報メール配信サービス
RSS