アメリカエネルギー省、アメリカでクリーンエネルギー技術が躍進と報告

発表日:2015.11.13

アメリカエネルギー省(DOE)は、アメリカにおけるクリーンエネルギー技術の現状を示す報告書を公表した。これは、風力タービン、太陽光技術、電気自動車、発光ダイオード(LED)の4つの革新的技術の導入急増とそのコスト減少を示した2014年報告書の更新版で、この傾向は変わらずクリーンエネルギー革命が進行しているという。商業規模の陸上風力発電は、2014年までに39州で6万5000メガワット以上導入されており、2015年には新たに1万3600メガワットが建設中となっている。集中型の商業規模太陽光発電は2014年に68%成長して計9.7ギガワットに達し、分散型太陽光発電は2014年時点で8ギガワット以上導入された。電気自動車の販売台数は2014年までに30万台近くに上った。LED電球は、2014年までに計7800万個設置され、2012年比で6倍の増加となった。さらに報告書では今後導入が加速する3つの技術として、スマートビルディングシステム、燃料効率の良い貨物トラック、自動車軽量化を挙げている。

情報源 アメリカエネルギー省(DOE) プレスリリース
国・地域 アメリカ
機関 アメリカエネルギー省(DOE)
分野 環境総合
キーワード 風力発電 | 太陽光発電 | 電気自動車 | アメリカエネルギー省 | DOE | クリーンエネルギー | 技術 | LED照明 | 風力タービン
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS