世界資源研究所、温室効果ガス主要排出国の再生可能エネルギー供給は2030年までに倍増と予測

発表日:2015.11.05

世界資源研究所(WRI)は、温室効果ガス排出量上位10か国のうち8か国の合計で再生可能エネルギー供給量は2030年までに倍増し、その伸び率は従来予想より18%高くなるという予測を公表した。WRIが上記8か国(ブラジル、中国、EU、インド、インドネシア、日本、メキシコ、アメリカ)のエネルギー計画を分析したところ、クリーンエネルギー供給量は2012年の約9000TWhから2030年には2万TWhに急増する見込みだという。ブラジルは2030年までに全エネルギーのうち45%を再生可能エネルギーにするとし、中国は同時期に一次エネルギー消費のうち非化石燃料の割合を約20%まで増やすとするなど、各国は高い目標を打ち出している。これがエネルギー市場を刺激し、再生可能エネルギーは今後15年間に世界的に急伸するとみられる。WRIによると、気候変動枠組条約に2015年10月時点で提出済みの約束草案(INDC)の80%がクリーンエネルギーに言及するなど、国の大小を問わずクリーンエネルギーへの投資を増やす機運が高まっているという。

情報源 世界資源研究所(WRI) プレスリリース
国・地域 アメリカ
機関 世界資源研究所(WRI)
分野 地球環境
環境総合
キーワード 再生可能エネルギー | 温室効果ガス | 計画 | 世界資源研究所 | WRI | 予測 | クリーンエネルギー
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS