欧州環境庁、環境に優しい交通をテーマに環境問題の年次報告書「シグナル2016」を発行

発表日:2016.06.29

欧州環境庁(EEA)は、環境問題の年次報告書「シグナル」の2016年版、「環境に優しいスマートな交通へ向けて」を発行した。今回は交通機関をテーマに、データや統計に加えて、重要な事実や動向、同部門が抱える環境問題、環境に優しい移動手段を確保するための選択肢について詳細に説明している。報告書によると、交通機関は現代の社会・経済を支えているが、EUの温室効果ガス排出の4分の1を占め、大気汚染や騒音、生息地分断等の環境問題も引き起こしている。EUは既にこうした汚染の影響緩和策を講じ、2050年までに低炭素経済を構築する野心的計画の作業に着手しているが、燃料の94%を石油に依存しているEUの交通部門を脱炭素化するには時間がかかる。都市計画の改善や技術向上、代替燃料の利用拡大等の対策を組み合わせることが必要だという。しかし環境に優しくスマートな交通は実現可能であり、欧州の交通需要を満たしつつ、大気質改善、事故の減少、渋滞や騒音の軽減など、健康面でも多くの利益をもたらす可能性があるとEEAは指摘している。

新着情報メール配信サービス
RSS