フランス、風力発電・太陽光発電の進展状況を公表

発表日:2009.09.09

フランス エコロジー・エネルギー・持続可能な開発省は、風力発電・太陽光発電の開発状況をまとめた一覧表を初めて公表。風力発電は4000メガワットの大台を超え、2009年上半期で465メガワット増加したことが明らかになった。風力発電による発電量も2008年の報告から22%増加し、2009年上半期には3.3テラワット時となった。こうした状況から、火力発電で発電した場合と比べ、炭素排出量を100万トンほど削減できる見込みだという。また、太陽光発電の伸びも大きく、2009年上半期には54メガワット増加し、2008年上半期の報告から2.65倍に増加。フランスのソーラーパークでは、2009年6月30日までに、2万5000件近くの設備が設置された(135メガワット相当)。設備の数は、6ヶ月間で2倍以上に増加したという。なお、この一覧表は、同省のボルロー大臣の指示によるもので、今回は、6月30日までの状況をまとめたものが公表された。今後は、四半期ごとに公表される予定である。

新着情報メール配信サービス
RSS