世界資源研究所、再生可能エネルギーについての正しい認識を紹介

発表日:2020.05.12

世界資源研究所(WRI)は、再生可能エネルギーに関して、多くの誤解や時代遅れの情報が出回っていることを憂慮して正しい認識を紹介した。この10年間で状況は大きく変化し、コストは劇的に下がり、技術は効率化され、再生可能エネルギーを電力網に統合する手法も進歩した。主な紹介は次の通り。1)近年、米国では太陽光発電所と風力発電所が新規発電所建設の大半を占めており、石炭火力発電所は記録的なペースで退役している。2)過去20年間で米国の風力発電プロジェクトの立地手法はより洗練され、環境への影響を最小限に抑えられるようになった。3)太陽光発電と風力発電は現在、世界の67%で最も安価な電力源となっており、チリ、中東、中国の太陽光発電プロジェクトや、ブラジル、米国、インドの風力発電プロジェクトにおける均等化発電原価(LCOE)は、石炭火力発電所やガス火力発電所の建設・生産コストよりも低くなった。4)太陽電池パネルは利用開始から約2年以内に製造時の消費エネルギーを相殺する。

情報源 世界資源研究所(WRI)ニュース
国・地域 アメリカ
機関 世界資源研究所(WRI) 
分野 環境総合
キーワード 再生可能エネルギー | 世界資源研究所 | 風力発電所 | 石炭火力発電所 | 消費エネルギー | 太陽光発電所 | ガス火力発電所 | 均等化発電原価 | 太陽電池パネル | 発電プロジェクト
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS