国連環境計画、海草、マングローブ、サンゴ礁の重要性を報告

発表日:2020.06.08

国連環境計画(UNEP)の報告書「Out of the Blue」によると、海草の堆積物は地球上で最も効率的な炭素貯留源の一つである。海草の生育域は、多くの海洋生物を育み、豊かな生物多様性を支えているほか、世界の主要な漁業の20%を支え、30億人近くの人々に大切な栄養を提供している。しかし、沿岸開発と人口増加、汚染の増加、気候変動は海洋生態系を脅かしており、メキシコ湾、カリブ海、ブラジル北部の大陸棚ではサンゴ礁、マングローブを含む沿岸生態系に脅威が及んでいる。海草はマングローブを波から守ることでマングローブの機能をサポートし、マングローブは過剰な栄養分や土砂から海草藻場を保護する。サンゴ礁、マングローブ、海草の複合体は、世界で最も生物学的に多様で生産性の高いシステムの一つとされており、3者は強い相互連携を有している。

情報源 国連環境計画(UNEP)ニュース
「Out of the Blue: The Value of Seagrasses to the Environment and to People」
国・地域 国際機関
機関 国連環境計画(UNEP)
分野 自然環境
環境総合
キーワード 海洋生物 | 生物多様性 | 気候変動 | サンゴ礁 | 国連環境計画 | マングローブ | 沿岸開発 | 海草藻場 | 海草 | 炭素貯留源
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS