国際再生可能エネルギー機関、革新的なソリューションが再生可能エネルギーの将来を示すと報告

発表日:2020.07.15

国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は、再生可能エネルギーの将来に向けた革新的なソリューションとなる30項目を紹介した。今日、再生可能エネルギーは世界の総発電量の3分の1を占めているが、パリ協定の目標を達成するためには、2050年までに3分の2を再生可能エネルギーで賄う必要がある。同報告は政策立案者が取り組まなければならない電力システムの4領域についての革新的なソリューションを包括的に分析したものであり、1)電池、ブロックチェーン、IoT、AI、ビッグデータなどの「実現のための技術」、2)再生可能エネルギー技術の統合を促進する新たな「ビジネスモデル」、3)再生可能エネルギーをベースとしたビジネス機会を刺激するための新たな市場開発と規制の枠組み変更を行う「市場設計」、4)高度な気象予報、動的線路定格(DLR)、バーチャル送電線(VPL)の組み合わせ等による革新的な「システム運用」、が紹介されている。

情報源 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)ニュース
国・地域 国際機関
機関 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)
分野 地球環境
環境総合
キーワード 再生可能エネルギー | ビジネスモデル | 国際再生可能エネルギー機関 | 電力システム | パリ協定 | 総発電量 | 市場設計 | システム運用 | 革新的なソリューション | 実現のための技術
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS