国際再生可能エネルギー機関、各国が海洋再生可能エネルギーの推進で合意したと報告

発表日:2020.10.18

国際再生可能エネルギー機関(IRENA)によると、海洋再生可能エネルギーに関する協力枠組みの第2回会合で、40か国の代表者が集まり、海洋再生可能エネルギー分野での協力と開発の促進、これらの有望な技術の迅速な導入を確実にするための具体的な行動で合意したことを明らかにした。洋上風力、波力、潮流、海洋温度差、浮体式太陽光発電を含む海洋再生可能エネルギーは、今後10年間で大幅に容量を増加させ、世界のエネルギー転換において重要な役割を果たすことになる。同機関の予測によると、2030年までに世界の洋上風力発電の設置容量は228GW、波力、潮流、海洋温度差発電等の海洋エネルギーの設置容量は10GWに達する。海洋再生可能エネルギーは、現在の世界エネルギー需要の4倍以上を満たし、ブルーエコノミーを促進し、小島嶼地域や沿岸地域のような気候変動に対して最も脆弱な地域に社会経済的な利益をもたらす可能性を持っている。

情報源 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)ニュース
国・地域 国際機関
機関 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)
分野 地球環境
環境総合
キーワード 気候変動 | 洋上風力 | 波力 | 国際再生可能エネルギー機関 | 潮流 | ブルーエコノミー | 海洋再生可能エネルギー | エネルギー転換 | 海洋温度差 | 浮体式太陽光発電
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS