アメリカ航空宇宙局、グリーンランドの氷床の移動速度に与える要因を報告

発表日:2021.04.05

アメリカ航空宇宙局(NASA)が助成した研究により、グリーンランドの氷床下で起きている複雑なプロセスが明らかになった。氷床の表面にはムーランと呼ばれる管状の穴があり、そこから融解水が氷の底に流れ込むが、その水が底の岩盤に達すると氷床の流れが速くなり、氷床の動きを早めて海に流入する氷の量を増加させている。今回の研究で明らかとなった、グリーンランド南西部における氷床の移動速度に影響を与える重要な要因のひとつは、氷床の底で岩盤に接する部分の水圧の変化の速さであった。グリーンランドの氷床下にある水量の変化が氷床の流速をどのように変化させるかを、現地調査による観測結果で示したのは初めてであり、氷の下にある水の総量に基づいて氷床の移動速度を予測していた従来の見解とは異なる結論となった。今回の発見によって、気候変動の影響下にあるグリーンランドの氷による将来の海面上昇速度を予測する気候モデルの改善につながることが期待される。

新着情報メール配信サービス
RSS