国際再生可能エネルギー機関、エネルギー転換を推進するための都市がとるべき行動を報告

発表日:2021.05.17

国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は報告書「都市のための再生可能エネルギー政策(Renewable Energy Policies for Cities)」にて、都市が低炭素社会へ移行することを促進する方法を概説した。同報告書では様々な地域の中小都市の事例を紹介しており、中国の風力発電による暖房、コスタリカにおけるイーモビリティ、ウガンダの太陽光発電といった事例は、資金調達や政策支援が限られているにもかかわらず、都市における持続可能なエネルギーの明確なメリットが行動を促していることを示している。同報告書では他の都市における取り組みも紹介しており、これらの事例によって地方政府と国の間の強力な連携と、地域住民やコミュニティグループ、企業の積極的な関与の重要性が強調されている。国連気候変動枠組条約(UNFCCC)主導の、気候野心同盟(Climate Ambition Alliance)が展開する「レース・トゥ・ゼロ」キャンペーンを加速させるためには、世界の都市は行動力を得るべきである。

情報源 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)ニュース
「都市のための再生可能エネルギー政策(Renewable Energy Policies for Cities)」報告書
国・地域 国際機関
機関 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)
分野 地球環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 再生可能エネルギー | 太陽光発電 | 低炭素社会 | 都市 | コスタリカ | 暖房 | 国際再生可能エネルギー機関 | ウガンダ | イーモビリティ
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS