アメリカエネルギー省、初期段階のソーラー技術の開発に取り組む企業を支援

発表日:2010.01.20

アメリカエネルギー省(DOE)は、同省の国立再生可能エネルギー研究所(NREL)が、初期段階のソーラー技術の開発を支援するため、企業4社に対して総額1200万ドルを助成すると発表した。この助成は、アメリカ復興・再投資法に基づくもので、こうした技術の商業化を目指す。今回、助成の対象となったのは、2011年の市場化に向け、高効率で低価格の化合物半導体太陽電池モジュールの開発に取り組むアルタ・デバイス社、高効率の多接合型太陽電池の製造工程の開発を進めるソーラー・ジャンクション社など。選ばれた4社は、NRELと協力し、プロトタイプのソーラー技術を、試験的なレベル、さらに完全な実用化のレベルへと移行させる。各社には各々最大で300万ドルが18ヶ月にわたって供与される予定。DOEのチュー長官は、アメリカにおけるソーラー発電産業の拡大は、新たな雇用の創出、CO2排出量の削減、消費者のコスト節約につながると期待を示している。

新着情報メール配信サービス
RSS