アメリカエネルギー省、都市の気候戦略に役立つ新ツールを公表

発表日:2016.08.03

アメリカエネルギー省(DOE)の国立再生可能エネルギー研究所(NREL)は、「エネルギー分析と計画策定を通じた先進都市(Cities-LEAP)プロジェクト」の一貫として、全国の都市が実際および推定のデータと分析に基づきエネルギーに関するより戦略的な意思決定を行えるようにするための2つの新ツールを公表した。その1つ、「都市エネルギー・プロフィール」ツールは、革新的で堅牢なデータ科学の手法により全国2万3400都市に都市固有のデータを提供するもので、電気や天然ガスの使用と費用の部門ごとの見積もりに加え、燃料の種類や登録車両の燃費に関する各都市のエネルギー市場のプロフィールを生成するという。もう1つのツールである「地域エネルギー・ツールボックス」では、都市が現在取り組んでいるエネルギー行動に基づき、技術中立的で実行可能な500以上のエネルギー戦略を検索できる。両ツールは、都市が地域のデータと優れた分析手法を用いてエネルギーの優先課題を特定および実行するのに役立つと期待されている。

情報源 アメリカ国立再生可能エネルギー研究所(NREL) プレスリリース
国・地域 アメリカ
機関 アメリカ国立再生可能エネルギー研究所(NREL) アメリカエネルギー省(DOE)
分野 地球環境
環境総合
キーワード アメリカエネルギー省 | DOE | 都市 | ツール | エネルギーシフト | 国立再生可能エネルギー研究所 | NREL | 気候戦略
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS