イギリス気象庁、極端な気象現象に対する地球温暖化の影響に関する研究を紹介

発表日:2021.07.12

イギリス気象庁(MetOffice)は、猛暑、豪雨、極寒など、イギリスで影響の大きい極端な気象現象が、地球温暖化の度合いに応じてどのような影響を受けるか調査した研究を紹介した。同研究では、地球温暖化が進行すると、1)猛暑日は4倍に増加する、2)気象警報発令規模の大雨の日数が年間3日増加する、3)気温が0℃以下になる日が少なくなる、4)深刻で長期的な干ばつが増加する、という知見が得られた。気候変動は既に同国の気象現象に影響を与えており、猛暑や大雨のような気象現象は人為起源の気候変動の影響を受けない状態の環境と比較し、発生確率が上昇していると判明している。同研究は、地球温暖化を抑制できれば、極端な気象現象の発生確率を減少させられること、および人為的な気候変動を抑える努力が気象現象による深刻な影響を抑制することを示しており、また最も楽観的な地球温暖化緩和シナリオであっても、同国内の各部門で適応、長期計画、リスク評価活動が必要であることを示唆している。

新着情報メール配信サービス
RSS