アメリカ海洋大気庁(NOAA)、ポトマック川の環境測定に「スマートブイ」を配置

発表日:2010.05.14

アメリカ海洋大気庁(NOAA)のチェサピーク湾事務所は2010年5月14日、首都ワシントンに近いポトマック川に「スマートブイ」を配置した。このブイは、気象、海象、水質の観測データをリアルタイムで無線送信し、インターネットや携帯端末で科学者や教師、ボート利用者らに提供する「NOAAチェサピーク湾解説ブイシステム」(CBIBS)の8基目となる。CBIBSは新技術によってさまざまな観測データや歴史的解説、湾再生の進捗状況といった情報を提供するほか、オンラインの教材も利用できるようにしている。NOAAのジェーン・ルブチェンコ長官は、「CBIBSのブイはチェサピーク湾の再生を目指すNOAAの取り組みの一環であり、資源管理者や市民に情報をタイミングよく提供し、よりよい意思決定を促すことを目指している」と述べた。

情報源 アメリカ海洋大気庁(NOAA) プレスリリース
国・地域 アメリカ
機関 アメリカ海洋大気庁(NOAA)
分野 地球環境
キーワード NOAA | 水質 | アメリカ海洋大気庁 | 観測 | チェサピーク湾 | ポトマック川 | スマートブイ | 気象 | 海象 | 教材
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS