アメリカエネルギー省、新規洋上風力発電プロジェクトに1億8000万ドルを助成

発表日:2012.03.01

アメリカエネルギー省は、洋上風力発電の可能性を実現する新規プロジェクトに対し、6年間で1億8000万ドルの支援を行うと発表した。同省はこれらプロジェクトによって、革新的技術の開発が加速され、エネルギーの多様化、経済の発展、新産業の創出を促すとしており、現在、その2012年度の対象プロジェクトを募集している(支援総額2000万ドル)。大西洋や太平洋、五大湖、メキシコ湾における強力で一定した風力は、4000ギガワット以上の発電が見込まれる莫大な潜在資源であり、アメリカが抱えるエネルギーや経済等の重要課題に対応するとともに、人口と電力需要が集中する沿岸都市への電力供給の一端を担うことができる。同省は、大幅なコスト削減を可能にする新技術の実証や研究に重点を置き、実用規模の洋上風力発電タービンの設置、洋上から送電網への接続、新たな許認可手続きの導入への取り組みを支援する。また、資源の評価、立地の選定や許認可の簡素化など洋上風力発電に関する包括的な戦略の実施に向け、連邦政府との協力を継続していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS